読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

漫画家志望者皆殺しブログ

私は漫画家志望者を皆殺しにしたいと思っている。そのために漫画家志望者を全員漫画家にすることにした。このブログに書いてあることを実践すれば、誰でも必ず漫画家になれる。そうすればこの地上から漫画家志望者を滅ぼすことができる。それこそが私の野望だ。皆殺しだ。一人残らず皆殺しだ。

島本和彦先生に学ぶ、永遠に漫画家になれない人の思考。

あなたは島本和彦先生をご存知だろうか。私が世界一面白いと盲信している熱血ギャグ漫画家先生である。

f:id:jovannniostar:20170309195105j:image

この方は20歳で大学在学中に少年サンデーでデビューしたのだが、当時のエピソードを"アオイホノオ"というタイトルで自叙伝漫画を描いている。(ちなみに滅茶くそ面白いから絶対読め)この作品中に実に興味深いエピソードがあるので抜粋させていただきたく思う。

 

 f:id:jovannniostar:20170309195015j:image

デビュー前の島本先生は画力で悩んでいた。学園モノの読切を描きたいのに、教室を描けなかったのだ。いたことがある人ならわかるだろうが、学校の教室には椅子や机やモブが大量にいる為とにかくムズイ!メンドイ!読者にサラッと読み流される!という描き手泣かせな場所なのである。

 

しかしプロになれば、教室やそれ以外にも難しいシーンを描く必要が出てくる。今逃げたところでなんの解決にもなりはしない。

 

ならば頑張って教室を描いて将来への糧とするべき!この程度の苦労から逃げるようでは漫画家になどなれはしない!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・・と、あなたが思ったとしたら、あなたには漫画家の才能がない。「下手でも一生懸命描くべき」と考える人は成果ではなく努力を褒めて欲しい人だからだ。一方天才島本和彦先生の出した解答は下記の通りである。

 

 

「そうだ!!主人公が学校に行く為に校門をくぐったら教室へ行くまでの間になぜかボクシングのリングがあることにしよう!教室に入ることなくリングでライバルとボクシングで戦うことにしよう!リングはロープ4本くらいだし楽勝で描ける!戦いの勝利で得るものがかわいい女の子にすれば学園ラブコメっぽくもなる!」

f:id:jovannniostar:20170309195729j:image 

お分りいただけただろうか。島本先生は画力の向上に力を注がず、画力の低さをゴマかすことに全力を注いだのだ。これこそがプロになれる人となれない人の思考の違いである。

 

 

プロになれる人は、編集者を騙してでも自分の能力を高く見せようとする。自分の能力が低いと思われたら見捨てられるのがわかっているから。

  

プロになれない人は、自分のありのままを見せる。無能な自分を編集者が一生懸命育ててくれると思っているから。

 

 

 そして漫画に限らず、全てにおいて「上手くなってから始めよう」と考える人は決して上手くならない。どんなことも「始めてから上手くなる」のだ。

 

 

わかったらさっさとそのクソ画力とクソストーリーでクソより少しはマシに見えそうなクソモドキ漫画を描いて持ち込まんかバッカモ〜ン!

 

 

以上。

おっぱい。

じゃなくておしまい。

 

 

【引用:アオイホノオ

王下七武海ゲッコーモリアから学ぶ、漫画家志望者が今日やるべきこと

あなたは王下七武海ゲッコーモリアを知っているだろうか。

f:id:jovannniostar:20170309213753j:image

言わずと知れた大人気コミックワンピースの敵キャラである。

 

 

彼は強い海賊だったが、さらに強い海賊に敗れ、ある素晴らしい考えに辿り着いた。それはどのような考えか?下記をご覧いただきたい。

f:id:jovannniostar:20170309182504j:image

「シシシ!俺を早く海賊王に”ならせろ”!」

好きな言葉:お前がやれ

 

 

f:id:jovannniostar:20170309182526j:image

「理解したんだ・・・優れた部下の重要性をな。俺は他人の力で海賊王になる男」

 

 

 この思想は実に素晴らしい。なぜ素晴らしいのか説明しよう。私は常々こう思っている。

 

 

「漫画家志望者は、それ頑張っても漫画家になれなくね?」ということばかり頑張っている、と。

 

 

例えば漫画家志望者は一生懸命Gペンの練習をする。漫画といえばGペンで描くものという信仰があるからだろう。「下書きは上手く描けたのにペン入れしたら一気にショボくなっちゃった・・・_:(´ཀ`」 ∠):」というトラウマによるものかも知れない。

 

 

しかしそもそも、Gペンで描くことと漫画の売り上げに相関性はあるのだろうか?私はそんなデータを知らない。逆に世界一売れているドラゴンボールがミリペンで描かれていることは知っている。

 f:id:jovannniostar:20170309213210j:image

そもそもGペンだのスクリーントーンだのベタだのと言った作業はアナログよりも、デジタルの方がはるかにコスパが高い。コミスタやクリスタは凄まじい進化を遂げているし、wacomのペンタブの筆圧感知は極めて精密になりディレィも相当抑えられている。もはや読者にはデジタルかアナログの見分けなど全くつかない水準まで達している。

 

 

「それでも俺の理想の線を描くにはGペンじゃなきゃダメなんだよ!」

f:id:jovannniostar:20170309213539j:image

 という人ももちろんいるだろう。しかし読者にわからないことに力を注ぐのは芸術家の思考である。商業作家の思考ではない。数十年も漫画を描いているベテラン作家ならアナログの方がコスパが高いかもしれないが、これからGペンの練習するような漫画家志望者であれば、如何にコストを抑えつつ最大のパフォーマンスを発揮することに重きを置くべきだ。

 

 

ゲッコーモリアさんの話に戻ろう。彼は海賊王になるという目標を達成するために自分を鍛えることなどしていない。

f:id:jovannniostar:20170309212939j:image

 

自分がほとんど何もしなくても海賊王になれるような”システム”を構築することに尽力しているのだ。

 

 

これは某大御所漫画家が「私はキャラの目しか描かない。目以外は全部アシスタントが描いている」という発言に酷似している。

 

 

漫画家志望者の皆様は自分が今日おこなった努力が「本当に漫画家になるために必要なことであったか?」を今一度振り返るべきである。

 

 

以上。

おっぱい。

じゃなくておしまい。

 

 

【画像引用:ワンピース・ドラゴンボールより】